東京で目頭切開の施術を受けました。

初めての美容クリニック

一重がコンプレックス初めての美容クリニックコンプレックスからの解放

口コミなどを参考に、東京で二重まぶた整形に定評のあるクリニックを探し、早速カウンセリングを受けに行きました。
やはり人気のあるクリニックだけあって、待合室には大勢の人が待っており、自分の名前が呼ばれるまで時間を要しました。
でも混雑している事によって多くの人が支持している事がわかり、手術に対して安心感が持てたのは良かったです。
ようやく私の名前が呼ばれ診察室へ入ると、初老のドクターが挨拶されました。
まずは自分の目の悩みについて話し、どのような目が理想的か伝えた後にドクターがじっくりと診察し、手術の方法について丁寧に説明して下さいました。
二重まぶたの施術法には埋没法や目頭切開がありますが、私は目の目の間が離れている事も悩みである事、そして蒙古ひだが強い事から目頭切開を勧められました。
蒙古ひだの厚さや状態を見ながら、具体的にどれぐらい切開するのを決めていったのですが、1ミリの差でも顔の印象が大きく変わるとの事で、切開する大きさは慎重に調整して貰ったと思います。
施術後のシミュレーション画像を見ると、腫れぼったかった目がパッチリと開き、目と目が離れている事も気になりません。
「早く手術を受けてこの顔になりたい」と切に願いました。