東京で目頭切開の施術を受けました。

一重がコンプレックス

目頭切開 東京目じりの切開

ずっと目が小さい事がコンプレックスでした。
小さいだけではなく両目が離れているので、意地悪な子からは「ヒラメ」と陰口を叩かれたものです。
いつか自分もパッチリとした二重になりたいと思いながら生活していたのですが、大学に入りバイトに励んで、ようやく美容整形を受けられるお金を貯める事が出来ました。
整形手術を受けるとなれば、まずはクリニック探しが大事です。
実は友達にも二重になるために美容整形を受けた子がいるのですが、お世辞にも自然な仕上がりとは感じませんでした。
本人は満足している様子でしたが、明らかに手術を受けた事がわかる状態だったので、自分はナチュラルに綺麗に仕上げてくれる所が良かったのです。

一重がコンプレックス初めての美容クリニックコンプレックスからの解放